2016年8月1日に
ホームページ移転しました!

http://tirelandozawa.com/



インスタグラムはじめました!
足跡代わりに、いいね!よろしくどうぞ〜

www.instagram.com/tireland_ozawa/




sale_veloce_gt.jpg

2018年 NEWモデル ヴェローチェGT
新色グロスブラック&ダイアモンドリップ



sale_rallyracing_1.jpg

WRC レースレプリカホイール復活!
オーゼット・ラリーレーシング発売中


sale_nt03rr_1.jpg

スポーツホイール復権!
2017年エンケイNT03RR登場


sale_te37saga_1.jpg

最新技術を投入!曲げ剛性25%アップ
ボルクTE37SAGA
鍛造ホイールもお任せください!



sale_nh100_01.jpg

2017年新作「エコピアNH100」登場!



sale_playz_4.jpg

疲れにくいという安全性能

ブリヂストン プレイズPX 発売中!


sale_nextry_l_2.jpg

耐久性向上! 販売店限定モデル

ネクストリー type Lセール中!



sale_re003_2.jpg

ポテンザならでは剛性感も健在!

サイズも拡大! 軽カーからセダンのインチアップに


sale_gy_eagle_2.jpg

人気の純国産タイヤもお任せください!



sale_vector4_01.jpg

テレビCMでも話題の

オールシーズンタイヤ正規取り扱い!





sale_csc6_2.jpg

「コンチネンタル」最高峰モデル登場!

コンチスポーツコンタクト6



sale_cc6_2.jpg

軽快!快適! 心地よい走りを実現

コンチコンフォートコンタクトCC6 取り扱い!

sale_pirelli_as_2.jpg


欧州製オールシーズンタイヤ 取り扱いスタート


100% 化学合成オイル1リッター1,080円より販売中!

2018年03月16日

メルセデス専用ソケット


しばらく

ブログ書いていないからか

何を書いたらよいのかと

考えているうちに、

時間だけが過ぎていくこの頃・・



それで、

先日、AMG E63S/W213が

入庫となりまして、

その時の作業から、小ネタを

18_03_15_10.JPG




以前にも、

何度か紹介しておりますが、

MベンツのS-class、CLS等の

一部車種・グレードに使われている

アルミホイール用ボルト

ちょっと特殊な形状をしておりまして・・



18_03_15_11.JPG



通常の六角形(17HEX)ではなく、

変則的な形をしており、

当店では取り外しをする際、

こちらの専用ソケットを使っております


18_03_15_15.JPG

ハイトルクで締め付ける車両のため、

専用レンチは欠かせないアイテムです




ちなみに、

ここ最近のメルセデスのホイールは、

センターキャップが

ねじ込み式のものを使っております

18_03_15_14.JPG


そのため、

センターキャップを外すにも、

専用アダプターが必要となりますが

こちらは車載工具から

お借りしての作業となります












18_03_15_02.JPG 18_03_15_01.JPG
NISSAN スカイライン/BCNR33に
Pilotスポーツ4 245/45R17 (99Y)
日産、とくにGT-Rを何台も
乗り継いで来ているオーナー様
ユニフォミティバランス調整を
気にされておりましたが、
最小補正で、施工納品となりました





18_03_15_04.JPG 18_03_15_05.JPG
TOYOTA ヴォクシーに
ルフトRVU 205/60R16 92H
春のタイヤフェア、主力となる
お手頃ミニバン専用タイヤを装着
お手頃というくらいですから、
スタンダードゾーンを買うくらいなら
このルフトRVUのほうが断然お得




18_03_15_06.JPG
アルファジュリエッタ・ヴェローチェは
NUTEC NC-50/51 にてオイル交換を
合わせて、エレメントも交換

前回の作業では、少々手こずりましたが、
要領がわかり、作業時間半減・・
それでも、作業性のことを考えて
設計してくれればと思いつつも
そこもアルファの特色と、
色を感じつつの作業となりました




18_03_15_07.JPG
MAZDA CX-5に
PARADA Spec-X 245/45R20 99V
大口径サイズも、至ってスムーズに
交換可能な当店自慢のサービス機材
某量販店では、作業を受け付けてくれない
くらいの対応もあったそうで・・

さすがに、重量のあるホイールなので、
コンパクトカーのように、
スピーディーに作業とまではいけませんが
そうお待たせすることなく完了に





18_03_15_08.JPG
NISSAN ノート/E12に
ネクストリー 185/70R14 88S
そろそろ5年経過で、タイヤ交換時期に
カーディーラーの見積もりと
にらめっこしても、当店のほうが
だいぶお得と即決頂きました
次回は、バッテリー交換もしたいと
アイドリングストップ対応品もお任せ〜





18_03_15_19.JPG
TOYOTA カローラフィールダーに
ネクストリー 185/60R15 84H
ハイブリッド車に乗り換えて
初めてのタイヤ交換
コスパ優先で、減りの早いタイヤはNG
ベースグレードの底上げ品として
人気のネクストリーで決定





18_03_15_16.JPG
HONDA フィットハイブリッドに
yokohama ECOS ES31 185/60R15
商品ご指名の中でのお見積り
スタッドレスから履き替えに
合わせて、タイヤ新調となりました





18_03_15_18.JPG
suzuki ワゴンRに
NEXTRY type L 155/65R14 75S
営業活動で、年間20,000km走行も
珍しくないとのこと
予算の中でと、
お手頃なロングライフモデルを






18_03_15_17.JPG
自動車整備工場さんからのご依頼で
TOYOTA アルファードに
E-Grip EG01 205/65R16 95H
10年近く経過したタイヤはひび割れ
緊急性も伴い、最速納品に





18_03_15_03.JPG
自動車整備工場さんからのご依頼で
HONDA ライフに、
GT-エコステージ 155/65R13 73S
スタッドレスからの履き替えも
徐々に始まってはいるも、
整備工場さんの入庫車両をみても
まだまだ3月いっぱいは
スタッドレスで過ごそうという雰囲気が
感じられます





18_03_15_20.jpg
NISSAN マーチNISMO/K13に
ENKEI PF-01 17inchを装着
タイヤは、定番205/40R17ではなく
ミシュランPilotスポーツ4
215/40R17 (87Y)のワイドサイズを





posted by ろっく店長 at 18:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

タイヤチェンジャー導入


しばらくぶりの更新ww


先月の思わぬ降雪騒ぎ・・

急に慌ただしくなりまして

とくに降雪の前日、

勤労感謝の日は、

お昼から、臨時営業でしたww


シャッター開けた途端に、

駐車場が満車状態で、

まずは受け入れ準備に

駐車場整理とばかりに、縦列駐車を開始



そこからは、

予想をはるかに超えた

スタッドレス取り付け作業の嵐となりました


お待ちいただいていたお客様も、

寒い中で、

本当に大変だったと思いますが、

こちらは、

迅速かつ、丁寧にと作業に専念・・

ウイダーインゼリー片手に、

水分と栄養補給、

現場は、もうトライアスロンさながらww



電話も、常に鳴りっぱなしで、

受けることさえ出来ず、

ご迷惑をお掛けしたことでしょうか



作業にいたっては、

トラブルもなく遂行できたのは

普段から、当店を利用頂き、しっかりと

メンテが出来ていたからと〜🎶



その期待に応えて、

21時過ぎまで作業も!

シャッターを閉めてからは、

予約のタイヤ組込み作業がスタート🎬

連日、深夜までとなったのは、久々のことでした




ところで、、、

この降雪騒ぎの前に、

実は、着々と準備していたことがありまして

それが、こちら

16_12_05_01.JPG

3機あるタイヤチェンジャーの中で、

1機を、新しく入れ替えたのが、11月15日


ヨーロピアンタイヤチェンジャーにも

レバーレス仕様を導入

16_12_05_03.JPG

川越市内でも、

レバーレス仕様を2機保有する

タイヤ屋さんは、聞いたことがない!?

これは、猛アピールできるでしょうと!!


これで、先に導入の

セミオートマチックタイヤチェンジャーと、

フェラーリ社も指名の

コルギー社タイヤチェンジャー

当店ならではのパフォーマンスが発揮できるかと



導入直後、

早速、ランフラットタイヤ交換

サイド補強タイヤも、軽々とめくりあげ

16_12_05_06.JPG

16_12_05_08.JPG

タイヤのみならず、ホイール側にもストレスなく


16_12_05_10.JPG

インナー側も、しゅるしゅると、

紐を解くかのように滑らかに



機械、機材を新しくすることは

いつも一大決心を要しますが、

たかがタイヤ交換でも

されど、重要なタイヤ交換を

当店にタイヤ交換を任せて、ヨカッタと

そんな言葉を頂けるように、

当店のパフォーマンスを維持、向上するには

欠かせないアイテムと感じております





16_12_05_11.JPG 16_12_05_12.JPG 16_12_05_13.JPG
BMW 320d M-spo/F30に、
ピレリ Cinturato P7 RFTを装着
メーカー欠品で、入荷までお待たせしましたが
作業は、いつものようにスムーズに交換を
サイズは、F.225/45R18 91V R.255/40R18 95V

取り付け後は、モニター画面を介して
空気圧警告灯をリセットして完了に
16_12_05_14.JPG




posted by ろっく店長 at 19:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

プロ必須道具


今日は工具のお話し


タイヤ屋さんで、毎日使う道具というと

タイヤチェンジャー、

ホイールバランサーに、

ホイールナットを締めるインパクトレンチなど

いろいろとありますが、

作業の最後、肝心かなめなものとして、

トルクレンチがございます



16_09_01_12.jpg


この写真は、主にホイールナット締め付けや、

足回り等のボルト、ナット締め付けに使いますが、

これ以外にも、用途別に5本所有しております


解りやすいところでは、

当ブログで、オイル交換の際、紹介しております

ドレンボルトの締め付け専用トルクレンチなどでしょうか



それで、

今回、ホイールナットを締めるトルクレンチを

定期較正

つまりオーバーホール(OH)に出そうと


ところが、

OHする価格で、

同じモデルが購入できるとの知らせがあり、

先ほど、新品が手元に届きました




16_09_01_07.JPG

トルク機器の大手メーカー

東日製作所製トルクレンチ


16_09_01_08.JPG


Made in Japan!


16_09_01_09.JPG

このグリップハンドルが握りやすく

お気に入りのレンチのひとつです


当たり前の作業ではありますが、

この道具なしでは、

きっちりと仕事を完了出来たとは申し上げられません


それだけ重要な道具ですから、

プロ用は、プロならではの管理のもとで

使用させていただいております







16_09_01_01.JPG 16_09_01_02.JPG
subaru アウトバック/BS9は
NUTEC ZZ-01 5w-35にてエンジンオイル交換
半年に一度ぐらいのペースで、定期交換に
合わせて、エアコン作動効率アップにと
ニューテックNC-200 コンプブーストを施工
夏休みはここで終わりも、
まだまだ暑い日は続きますので、
ワンコインキャンペーン9月まで延長中です




16_09_01_03.JPG
MAZDA ボンゴ/SK82Vもオイル交換
ガルフ PRO NO.1 5w-30 100%化学合成を
ほぼ毎日、仕事でクルマを使っており、
エンジンのコンディションを保つためにも、
定期的にオイル交換をして頂いております



16_09_01_04.JPG 16_09_01_05.jpg
suzuki ワゴンRはタイヤ交換
BRIDGESTONE NEXTRY typeL 145/80R13 75S
排気量の小さいクルマとはいえ、総走行距離は
軽く20万キロをオーバー
耐久性の良いロングライフモデルを提案




16_09_01_06.JPG
自動車整備工場さんからのご依頼で、
HONDA フィットに、
NEXTRY typeL 175/65R14 82S
耐久性がよく、価格も手ごろで、
指名率の高いタイヤのひとつと言えます



今週は、作業風景写真が少ない。。。
携帯カメラを忘れるという失態もありますが
ピット入庫も少ない一週間でした

そこで、ここぞとばかりに
自分のクルマのメンテナンス作業をスタート

16_09_01_10.jpg 16_09_01_11.jpg
ここ最近、リアブレーキの鳴きが強くなって来たので
点検してみたところ、パッド残量が残り5mm
ローター側にも、薄っすらと筋が残ることもあり、
早め、早めのパッド交換となりました

パッドの銘柄は、用品屋さんにお任せで、
アーテ セラミックパッドを前後に

アーテ(ATE)と聞きなれないメーカーですが、
BMWをはじめとした欧州自動車のブレーキOEMメーカー
当方のE90/330iのキャリパー、パッドもATE製

まだ当たりが付いていないも、
純正と比べ初期タッチの鋭さはないも、
ペダルストロークに合わせて、
効きをコントロールできる印象がございます







posted by ろっく店長 at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

モンキーレンチ



本日は、当店が普段使っている工具のご紹介

その中でも、

プライベーターさんは、あまり使わないかな?

それでも、1個ぐらいは持っているかもしれないのが、

モンキーレンチ

13_06_28_01.jpg

ナット、ボルト類を緩めたり、締めたりする工具

ひとつのモンキーレンチで、

様々な大きさのナットを回せたりするので便利

ただ、ボックスやメガネレンチほど、強力に締めたり、緩めたりは不向き

けれど、スパナよりは、作業性が良いこともあったり…


当店で、モンキーをよく使う場面は、

アライメント調整

主に、フロントのタイロッド調整では、大活躍します

それぞれ大きさも様々であったり、挟み込むアゴの部分が、

二面だったり、カーブしていたり、六角形であったりします

大きいモンキーは、ハイエースのキャスター調整時によく使う…

柄の部分がオレンジのものは、プライヤータイプなので、

モンキーとは言わないかもしれませんが、

サイズの自由度が高く重宝してます

それでも、容易に緩められないこともあって、

けして、腕力だけでやろうなんては、人の力は限界

そこは、お店さんそれぞれの経験を駆使して、

サポート工具やちょっとした知識やら、

何やらで作業しているものと思います






13_06_28_02.jpg
右斜め上
TOYOTAアルファードに、プレイズRV ecopia 225/55R17 101W XL
前回も従来品プレイズRVを使用しており、とにかく安定感が良いと
純正ではふらつくコーナーや、風であおられる場面も、揺り返しが少ないと
この違いは、当方も体験しており、その体感は歴然と言い切れるほど
ミニバンを乗用車風な乗り味にしたい方におすすめしております




13_06_28_03.jpg
右斜め上
DAIHATSUソニカに、VARTA SUPER J-spec 55B19Lバッテリーを
ひと月に一度ぐらいしか始動しないことあっため、バッテリー上がりに
とくに、ソニカは、従来のような発電機が常時作動している車両ではなく、
ちょい乗りでは、充電不足に陥ってしまうことも…

必要な時にしか、発電されない車両を、充電制御システム車と言います
そのため、バッテリーの容量が少ないものや、
充電受け入れの効率が低いものでは、1年も持たないことも普通にあります
それには、充電制御システム対応のバッテリーが、必須に
最新の車には、搭載バッテリーに「充電制御システム用」等に記載があり、
識別がしやすいと思いますが、記載のないケースも多々あります
まずはご自身の車がどんなバッテリーを使っているのか、
普段から、確認しておく必要があるかと思います




13_06_28_05.jpg 13_06_28_06.jpg
右斜め上
NISSANティーダに、エコピアEX10 185/65R15 88Sを装着
交換前の使用済みタイヤをみると、まだ乗れそうな感じもありますが、
フロントタイヤのショルダー部は、そろそろ限界域となっておりました
これで、走行距離は19,000kmに…


13_06_28_07.jpg 13_06_28_08.jpg
右斜め上
NISSANティーダラティオに、
GOODYEAR GT-エコステージ 185/65R15 88S
先ほどのティーダはハッチバックタイプで、こちらはセダンモデル
使用済みタイヤは、先ほどよりも全体的に摩耗しており、
タイヤ交換のタイミングとしては、もう少し早い時期のほうがベター

走行距離は、これで36,000kmに
こちらの純正はブリヂストン製で、先ほどのはトーヨー製
車両形式が違うのはもちろん、交換時期のタイミングも違うので
一概に比較はできませんが、30,000kmぐらいが交換の目安でしょうか
運転の仕方、用途で、10,000kmぐらいの違いが出るのは、
ごくごく普通のことでもあります





posted by ろっく店長 at 18:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

トルクレンチ

タイヤ屋さんにとって、

タイヤを組み込むのが仕事でもあり、

そして技術力を発揮する場面でもありますが、

同様に、プロの見せ場となるのが、ホイールナットの取り付け


その作業で、欠かせないもがナット(ボルト)締め付けの作業工具

トルクレンチ

12_03_05_01.jpg

先日、オーバーホールも兼ねて、メーカー指定工場に較正試験を依頼しておりました

依頼前は、とくに使用感に変化はないも、車の車検ではありませんが、

定期的に、検査することで、現場作業の信頼性をキープすることが目的にひらめき

しっかり、検査合格シールも貼られて、戻ってきましたグッド(上向き矢印)

12_03_05_02.jpg

12_03_05_03.jpg


当店では、この東日製トルクレンチ(QL200N)の他に、

同じく、東日製1800QL、スナップオン、デジタルタイプの計4本を

愛用しております
12_03_05_05.jpg

この4アイテムで、通常作業には充分なのですが、

これでは対応できないセンターロック式ホイール向けの

高トルクレンチでもあれば・・・


しかし、そんな巡り会わせは、稀でして

需要としては、ポルシェGT3RSか、昔のインパル製センターロックぐらいで、

5、6台ユーザーでもいれば、導入検討もあるのかなぁあせあせ(飛び散る汗)


ちなみに、、、

センターロック式ともなると、50〜60N・mのトルクで締め付けるため、

専用レンチの全長は、今使っているレンチの3〜4倍ぐらいの長さとなるので、

長いパイプのレンチで、締め付けるような感覚ですよね








12_03_04_01.jpg
右斜め上
BMW 318i M-spo/E46に、ブリザックREVO GZ 205/55R16 91Q
後輪駆動で氷雪上走行がどの程度可能なのか、心配されておりましたが、
当店のBMWへのスタッドレス装着実績や、生のお声から、購入を決断に

BMWに限りらず、ブリザックREVO1発売以降からは、FR車でも快適に
スノードライブが出来ると、自然と高い評価が上がって来ております
逆に、最近のFF車の足回りのほうが、低ミューに向いていなかったりと、
今年の大雪では、大変苦労された方が多いと、そう感じております・・・

なお組み合わせたホイールは、オーゼットデザインによる、渋めのMSW 22
12_03_04_02.jpg




12_03_04_03.jpg
右斜め上
DAIHATSUムーヴカスタムに、エコピアPZ-XC 165/55R14 72Vるんるん
これまで、従来品となりますプレイズPZ-XCをご利用いただき、
走りの快適性と、耐久性に満足を感じ、後継モデルをご指名に





12_03_04_06.jpg
右斜め上
VWゴルフ5/R32乗りさんより、TPI製ホイールスペーサーをご注文いただきました
これに合わせ、10mmロングの13Rの球面ボルトもご用意しました

12_03_04_07.jpg 12_03_04_08.jpg
12mm厚を注入したので、なかなかいい感じまでツラにるんるん
それでも、もう少し車高下げて、もっとツラまで出したいと
すでに、次のステップアップを模索しておりました




12_03_04_09.jpg
右斜め上
TOYOTAセルシオBユーロに、TOYO プロクセスC1S 225/55R17 101Wを装着
一昨年にも、同プロクセスC1Sを装着し、40,000km走行越えての交換に

オーナー様は、BSレグノや他のタイヤも利用になった経験があるも、
乗り心地と運動性能の両立を求め、初代プロクセスCT01から、
トーヨータイヤの隠れたパフォーマンスに、お気に召していただいております〜揺れるハート




12_03_04_10.jpg
右斜め上
いよいよ、春の履き替えにとインチアップを含めたホイールセットの準備がスタート
先月よりご予約のBBS製、鍛造1ピースホイールが入荷
組み合わせ予定のブリヂストン レグノのも入荷し、あとは春が来るのみー(長音記号1)

「三寒四温」という言葉がありますので、
スタッドレスを脱ぐタイミングは慎重にならざる得ませんよね
今朝も雪交じりから始まった雨模様でしたので、まだ脱ぐ方はおりませんね

なお、履き替え、インチアップご検討の方は、そろそろホイール選びを決断されるべしexclamation×2

というのも、上記BBSでも、一部商品は次回納期4月末もあったりで・・・がく〜(落胆した顔)
購入&ご予約を1週間伸ばすと、
こういった納期が、ゴールデンウィーク明けとか、
どんどん先に延びることも、少なかれありますのでね

車なんてなおさらで、
TOYOTA FT-86をオーダーした当店のユーザー様の話では、
オーダーするまで1週間悩んだら、納車が1ヶ月先になったとか・・・
ということは、今頃発注したら10月!11月なんでしょうかね

posted by ろっく店長 at 13:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

あるとないとでは

本日、2回目のブログに・・・


12_02_07_01.jpg
右斜め上
先日入荷のFUJITSUBO製マフラー、パワゲッター(車検対応決定)を
MITSUBISHIギャランフォルティスに装着ー(長音記号1)

最近はマフラー交換作業が少なくなりまして、これが今年に入って2回目…あせあせ(飛び散る汗)

普段、目線より上方向の作業というと、オイル交換がほとんどでしょうか

さて、、、

この時期のマフラー交換というと、

マフラーを吊り下げているブッシュ(マフラーハンガー)の取り外しに

普段あまり使わない部分の筋力に、負担を掛けることが多いでしょうか・・・ふらふら

しかし、、、

そんな時こそ、こちらのマフラーハンガーリムーバーがあると、
12_02_07_02.jpg
寒くて伸び縮みが悪い状態のブッシュも、サクサクっといけちゃいますグッド(上向き矢印)

昔、この工具がない時は、潤滑剤を湿布して、レバーにてこじったり

指先のみの力任せに、必死に大汗かいて頑張ったものです。。。






12_02_07_03.jpg
こちらは、デジタルトルクレンチ

主にというか、ほぼ専用的に、オイルドレンを締める際に、多用しております
トルク管理をすれば、締めすぎによるドレンの破損も未然に防げるし、
ホイールナットと同じくレンチを使うことが、当然となってきますよね


12_02_07_05.jpg
右斜め上
FUCHS TITAN SUPER SYN 5w-40のエンジンオイル交換で、
ご来店はsubaruレガシィSTi/BP5
寒い時期なので、少し暖機してから、下抜き作業を施工
ドレンパッキンも新しくし、トルクレンチにて締め付けを〜





12_02_05_05.jpg
右斜め上
NISSAN C24セレナに、グッドイヤー製 イーグルRV-S 195/65R15を装着
前回は、yokohama製ミニバン専用タイヤをお使いいただき、
ライフ(磨耗)には大変満足も、もう少し居住性、静粛性を確保したいとのこと
さて、その感触はいかがでしょうか〜〜




12_02_07_07.jpg
右斜め上
ブリヂストンの注目商品NEWECOPIA PZ-Xが徐々に、在庫として入荷るんるん
入荷の205/60R16 92Hは、低燃費性能が最高ランクのAAAを取得グッド(上向き矢印)
205/55R16 91Vは、AAのランクを採用しております

何ゆえ注目かというと、、、
求められている省燃費化が、しっかりと加わり、
従来指摘されていたタイヤ本体に重量も軽減され、
よりショルダーブロックの剛性を上げ、耐磨耗性が期待できそうな作りであること

検証すべき点は幾つかありますが、
従来品プレイズよりも、商品のコンセプトがわかりやすくなり、
ご提案しやすい感触が、より鮮明になってきたと感じております〜揺れるハート
posted by ろっく店長 at 12:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

フランス車特有って?

当ホームページの右側でもご案内しておりますが、

プジョー・シトロエンといった

フランス車特有のセンターハブなしホイールって
(正確にはセンターハブが貫通していないホイール)

どんなものかと不思議に感じている方もいると思いまして、

今日は、作業風景を踏まえてご案内させていただきますー(長音記号1)



世に出ている一般的なアルミホイール、スチールホイールは

デザイン面中央部が、このように貫通したものが主となっております

11_10_29_15.jpg

普段は、このようにセンターキャップにて閉じられているのを、目にしているはず・・・
11_10_29_14.jpg

フランス車特有となるものは、一見、これらと何ら変わりのないように

見えるのですが、

11_10_29_03.jpg ←Citroen C5

11_10_30_02.jpg ←Peugeot 106

裏側からホイールを覗き込むと、貫通していないことがわかります
11_10_29_05.jpg

11_10_30_03.jpg

ここからが本題となりまして、

通常ホイールバランス調整を行う機材は、

センターハブを中心に固定するため、このようなシャフトが出ております
11_10_29_02.jpg

センターコーンを使い、芯を出し固定された状態
11_10_30_06.jpg
レーシングカーでいうセンターロックのようなものと言えば、

わかりやすいでしょうか・・・

それゆえに、センターが貫通していないホイールは、

このままではバランスの機械にセットすらできないため、

困った、困ったと、なってしまいます…がく〜(落胆した顔)


そこで、活躍してくれるのが当店のバランサー機材

先ほどのシャフトですが、着脱式となっており、
11_10_29_09.jpg

専用のアタッチメントを装着すれば、
11_10_29_06.jpg

しっかりと、固定装着ができますグッド(上向き矢印)
11_10_29_07.jpg

あとは、通常どおりバランス調整をすれば、決定
11_10_29_08.jpg

このように、純正ホイールで、センターハブが貫通していないケースでも、

当店はバランス調整が出来ますので、お困りの方は、どうぞご相談ください







実は、、、
このバランス作業が続いたこともありまして、
今回、ブログの内容が決まったような…

11_10_29_01.jpg
右斜め上
シトロエンC5には、ミシュラン ENEGY SAVER 205/65R15 94Hを装着
こちらの純正は、センターハブが貫通しておりませんので、
専用アタッチメントを装着し、一連の作業を施工しました
またC5は、タイヤの磨耗に厳しい車両のひとつでもあり、
今回は、耐久性のあるENERGY SAVERを本命におすすめしてみましたグッド(上向き矢印)



11_10_30_05.jpg
右斜め上
プジョー106 S16には、ブリヂストン プレイズ PZ-1 185/55R14 79Vを装着
こちらは、国産に限らず、かなり限定されるサイズとなりまして、
居住性、それと耐久性に優れたプレイズが、度々活躍いたします

この106、206、306の足はなかなか楽しい足なんですが、
やはりタイヤの磨耗(ライフ)が気になる傾向にあり、
グリップ系を履くと、気持ちよく減っていくんですよねぇーー
posted by ろっく店長 at 16:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

空研インパクトレンチ

今日は、新しい機械工具

ナットを外したり、締めたりするインパクトレンチが入荷

とりわけ、月に数回〜多くと10数回しか使わないほどですが、

使う時は、続けてあったりもするので、必需品にございます


それが、こちらのトラック用インパクトレンチ

空研製 KW-3800proGL

11_04_07_05.jpg

写真下側の乗用車用インパクトレンチと比べても、

シャフトも長いし、大きさも二周り以上も巨大になります

早速、入荷したばかりのこちらのインパクトで、

ISUZU ELFのタイヤ交換を行ってみましたが、新しいって、いいですねーー


これまでも、同タイプ使っていたのですが、さらに軽量ボディになっていたり、

こういう機械工具も、着々と進化しておりますねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


それと、、、

先日、ブログで、当店のタイヤチェンジャーの作業風景に感動!とか、

ワンダフル的に、書きましたが、どんな感じなのーー!という質問がありまして、

サンプル動画を貼りますので、こんな具合ですカチンコ




なお、、、

当店の機械は、この動画にあるモデルのさらに改良したもので、

タイヤにストレスかけることなく、スムーズにタイヤ交換ができますよるんるん







11_04_07_01.jpg
右斜め上
NISSANセレナには、yokohama DNA map ES340 195/65R15 91H
ミニバン専用タイヤで、特価品としてこちらを、引き続きご案内
この春発売の新作は、転がり抵抗抑制した低燃費型のミニバン専用に



11_04_07_02.jpg
右斜め上
TOYOTAエスティマに、TOYO トランパスMP4 215/55R17 98V
やはり、新作トランパスMP-Fがこの春発売で、低燃費タイプと進化している中で、
従来品のこちらを、お買い求めやすい価格にて、ご案内しておりますー(長音記号1)

TOYOタイヤさんも、震災による影響を受けており、商品の入荷に時間かかることも…

これは、TOYOに限らず、もっと震源地に近いDUNLOPはさらに厳しいとか、
ブリヂストンも、仙台倉庫の物流の動きは不明であったり、
業界的に、タイヤの供給が、実はよくなかったりもしております

食料品のように、まったくないわけではないので、焦るほどではないもの、
生産をする商品の優先順位は、変更が出ていると思われ、
購入にあたりましては、余裕を持った計画にて、ご検討をお願い致します





11_04_07_03.jpg
右斜め上
ENKEIの軽量ホイール(MAT製法)が、本日入荷しましたexclamation
当店は、とにかく軽量ホイールの販売実績に関して、地域いちばんと言えるほど、
よく販売しているのではないでしょうか

それこそ、ECOブームになる10年以上も前から、取り組んでますので、
CO2排出ガス抑制には、かなりの貢献をして来てたでしょうね…(やや自慢げ)

それよりも、
居住性の心地よさ、ブレーキの効き具合、ステアリング操作の楽しさというように、
走る楽しさ、気持ち良さを伝えたくて、はじめたようなもの…

これからも、
軽量ホイールの特徴を伝え、どんどん広めていきたい気持ちは変わらないでしょうexclamation

ホイールは軽いけど、価格は、けしてライトで(軽く)はないからとばかりに、
購入を踏みとどまっている方もいるやもしれませんが、
本当に欲しいものがあるなら、頑張って勉強しますので、ぜひぜひご相談ください〜



posted by ろっく店長 at 23:12| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

化粧直し 〜〜オイル〜〜

いつか直さないと、まずいよなぁーーーと思いつつ、

一年が過ぎてしまい、

ようやく、化粧直しが完了となったのは、、


こちらのオイルドレーナー(廃油受け)
右斜め下
11_01_18_01.jpg

廃油受けと、カバーを、新しい物に交換しましたぴかぴか(新しい)

補修部品が手配できるのなら、もっとはやくから換えておけばよかったァあせあせ(飛び散る汗)



そして、交換後、

早速、第一番目となるオイル交換作業は、
11_01_18_02.jpg
右斜め上
BMW E46/318iツーリングに、NUTEC ZZ-01 5w-35を新規に充填
BMW純正オイルからのチェンジとなりましたが、気になるメカニカルノイズがはっきり減少exclamation

そして、走りにも変化が現れたと、3速ギアからの加速感がスムーズにと、
BMWの走りの楽しさが、今もって体感できたと、ご満悦〜揺れるハート

さらに、、、
これだけ変化するならと、奥様の愛車にもと、
先月、オイル交換したばかりにも拘らず、NUTECオイルを新規充填いただきましたるんるん

やはり、オイル回りがよくなったのでしょうグッド(上向き矢印)
ヘッド部分から聞こえていたメカニカルノイズが、またまたはっきり減少exclamation×2

NUTECは、効果がすぐ体感できるうえ、エンジン保護に貢献し、
純粋に、ドライブする楽しさも増幅される、素敵なオイルなんですwww




11_01_18_03.jpg
右斜め上
納車日に、ご来店はTOYOTAクラウン3.5アスリートには、
前車で利用していたホイールに、ブリザックREVO2 225/50R17 94Qを新しく装着るんるん
セダン系では、このクラウンがスタッドレス需要が例年多いですね
しかし、装備が充実しているところは、さすがクラウン
助手席側にカメラがあったり、音声で縦列駐車をフォローしてくれるとか…




11_01_18_05.jpg
右斜め上
車検の数日前のご来店は、subaruレガシィランカスター
前回交換と同じく、ブリヂストン レグノGRV 215/60R16 95Hを装着
気に入った良いタイヤを履きたいと、いつもご利用いただき光栄です




11_01_18_06.jpg
右斜め上
続いては、純正タイヤのゴロゴロ感と、ゴムの硬化が気に入らないと、
ブリヂストン エコピアEX10 215/60R16 95Hを、TOYOTAエスティマに装着

こちらの純正タイヤは、新品時からも評判がよろしくなく、
過去にも納車間もないのに、履き捨てが度々経験している代物…がく〜(落胆した顔)

このエコピアEX10に換えたら、何て綺麗に転がるんだろうと実感できることでしょう



さて、、、

明日は、週に一度の定休日となります

ゆっくり休日を過ごせるかは、わかりませんが、何かリフレッシュできればねぇ〜

ただインフルエンザも流行しているので、人ごみの多いところは、

あまり行かないほうがよいのかもしれませんね、さあ何しようっか…
posted by ろっく店長 at 19:55| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ピットに新入りぃ〜〜

もう2ヶ月ぐらい前ですが、

ピットには、これがないと

寂しいということで、




はいexclamation新入りです↓↓



09_06_16_01.jpg



  “CDラジカセ” 


今どきという、ツッコミには知らんぷりして、

NO RADIO! NO MUSIC!

機嫌のいい時は、鼻歌まじりで、ピットでお仕事しておりますわーい(嬉しい顔)








09_06_16_02.jpg
右斜め上
「ミニバンには、ミニバン専用タイヤがいいですかね〜」の質問には、
間違いなくYES!

特にプレイズRVなんて、走りの感触が大幅にかわるので、販売する側も
お客様の反応をみるのが、いつも楽しみでするんるん
今回は、6年ほど使用した純正タイヤからの交換…トヨタ・イプサム240S




09_06_16_03.jpg
右斜め上
連日の雷雨雷 もうそんなシーズンなんですかねぇ
明日は定休日…
天気はどうかな?せっかくなら、晴れて欲しいんだけどなァ〜〜




さて、、、

今週の金曜日(19日)は、仕事場を留守にします

軽量ホイールを得意としてます“NEEZ”さんのご招待で、

SIS東京スペシャルインポートカーショーを見学してきます目

いつかは、こんな会場に、当店が出展できたらなんて揺れるハート

タイヤランド“オリジナルホイール”なんて、

結構妄想なんかは、得意としておりますグッド(上向き矢印)
posted by ろっく店長 at 22:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

欧州車の作業に

ヨーロッパ車と、日本車で対極にあるものというと、

ホイールを車体に取り付ける『ネジ』に違いがあるということをご存知ですか

あえて、ネジといったのも、

ヨーロッパ車の多くが車体側にネジ穴が空いており

専用のボルトをねじ込む形式となっております
右斜め下
aop_bolt.jpg

これに対して、日本車の多くが車体側にボルトが圧入しており
右斜め下
nut_01.jpg

このボルトに、ナットをねじ込んで装着するようになっております

nut_02.jpg nut_04.jpg

このように、車体側にボルトが突き出ているので、そこにホイールを掛けるようにすれば、

取り付け作業は至って、楽な傾向にあります


それで、ヨーロッパ車のようなボルト式では、ホイール装着にあたり、

このボルトホールを探りながら、ボルトで固定しなければならないため

この穴位置決めに、時間を要してしまう傾向にあります

そこで、当店では、下記写真の穴位置決めのボルトを利用して、作業の効率アップをすすめております
右斜め下
bolt_1.jpg


手順としては、こちらのボルトを車体側のボルトホールに挿入します
右斜め下

nut_06.jpg


この状態で、ホイールを固定にかかりますので、このボルトが穴位置きめのピンのような役割になります

nut_07.jpg

あとは順に、ボルトを車体側にねじ込めば、

nut_09.jpg

これで仮止めが完了になります

このあと、トルクレンチを利用して、固定にかかり、装着完了となります
nut_10.jpg

この位置決めボルトの良いところは、

メルセデスの大きいクラスをホイールを装着するに便利であったり、

ブレーキキャリパーとのクリアランスに注意しなければならない場合にとても有効です


こんなアイテムが、新車の付属品として、ついてくれば、

ユーザーさん自身で、脱着するにとても便利だと思われます

bolt_2.jpg bolt_3.jpg



09_05_24_02.jpg 09_05_24_03.jpg
右斜め上
レガシィアウトバック3.0Rのタイヤ交換は、レグノGR-9000をるんるん
レグノGRVからの履き替えとなりますが、さらなるリアの居住性を求めました

また空気の代わりに『チッソガス』を充填
当店では、一度タイヤ内の余分な空気を真空引きしてから、充填します

特に、今日のような湿気の多い日は、タイヤ内の水分も吐き出してからの
充填となりますので、ホイール・タイヤの腐食予防にもなりますぴかぴか(新しい)


09_05_24_01.jpg
右斜め上
ホンダHR-Vにブリヂストン・スニーカー2・205/60R16を装着
ホンダ技研の狭山工場が近いからでしょうか、HR-Vの来店率が高いようにも

このサイズは、現行ステップワゴン、現行ノア・ヴォクシーsi、イプサムにも
使用されており、ここ最近の交換需要の多さを感じております
ですから、在庫は切らさずに、いつも常備しておりますよ
posted by ろっく店長 at 19:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

バランサーリフト

朝から雨雨 雨雨ということで、

今日予定の作業も明日となるように、お客様の来店が少ない土曜日となりました

さて、、、

この春に最新式タイヤチェンジャー“PITプレミアム30A”を導入しましたが、

ベースとなる本国モデル機の作業風景が動画でありましたので…

こんな感じになりますー(長音記号1)




それと、、、

このチェンジャー導入と同時に、もうひとつ便利な機械を設置してまして

それが、こちらの “バランサーリフト” 

tire_lift.jpg tire_lift_2.jpg

ホイールバランス調整を行うのに、タイヤを手で持ち上げなくても

バランサー機に、セットできてしまう優れものなんですよ

まるで、タイヤが宙に浮いているかのようで、

とても便利なサポート機にありまするんるん



09_04_25_02.jpg

これが昨日、話題にふれた“バッテリーテスター”

今日は、バッテリーに不安を抱えていたフェアレディZを診断

走行直後は、“注意”マーク程度でしたが、

新品バッテリー交換後に、もう一度テスターかけてみたら、

“交換”と表示されましたend

今回、容量の高いパナソニック“CAOS”バッテリーをインストール

さらに、バッテリー寿命判断が可能な“ライフウィンク”も合わせて装着です




09_04_25_01.jpg
右斜め上
あいにくのお天気になってしまいましたが、
ご来店いただいたのは“FIAT500”

こちらのチンクは、鮮やかなイエローボディ
それもあって、ホイールはマットな黒がぜひ欲しいと…

そこで、
オーゼットウルトラレッジェーラの特別色マットブラックをチョイスexclamation

“マエストロショップ”ならでは、特典を大いに生かして、
見事に、ジャストフィットexclamation納得プライスexclamation
posted by ろっく店長 at 22:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

最新セミオートマチック・タイヤチェンジャー

表題のとおりとなりますが、

昨日、最新式タイヤチェンジャーが設置完了となりましたので、ご報告をexclamation

pit30a.jpg

国内初導入とまではいかなくと、埼玉県内初導入をと、

昨年の秋頃計画を立てていたのですが

(現在も厳しい景気ですが)

当時の不安定な景気動向の中で、なかなか導入に踏み切れずおりました

しかし、ここでやっと念願が叶いましたるんるん



この機械は、

ほぼリモコンスイッチによって操作される半自動的なシステムが特徴

pit30a_switch.jpg

超低偏平タイヤ、BMWや35GT-R等に採用されているランフラットタイヤ、

OVER20インチクラスのタイヤがスムーズに交換できます

早速、作業実演をしましたが、

タイヤを痛めず、『タイヤに優しく』交換できるのに

驚愕しましたexclamation×2exclamation×2


これまでのヨーロピアンタイヤチェンジャーより、作業時間が1.5倍かかるもの、

レバーを複数利用し、こじって交換するような

無理な負担は皆無に


それで、、、

本日、こちらの機械にて、日産フーガのタイヤ交換に挑みました

ハードサイズともなる245/40R19

そして、フーガの純正ホイールは、リムの心底部(ドロップセンター)が浅く、

(くぼみがなく、平らに近いほど、難儀に)

純正にしては、難易度が高い作業となります

pit30a_26.jpg

そこは、最新式チェンジャー

本当にタイヤにやさしく

ビード部分が悲鳴をあげることもなく

絶賛のひと言です!

pit30a_18.jpg 

とりあえず、

作業の手順など、もう少しわかりやすく、次回、記事としてアップさせていただきます


まずは、ご紹介までに



最後に。。。

こちらの機械導入にあたるまで、様々なメーカーの機械を見させていただきました

どの機械にも、優れた特徴があり、技術の進歩に驚かせられました

しかし、現状では、当店のスタイルに一番相応しい機械は?と、考えたところ、

このような結論となりました


まだセミオートマチックチェンジャーを開発したばかりのメーカーも多かったこともあり

最後は長年の実績でしょうか、ブランドでしょうか

これまで培ってきた発想、理念、作業の効率化が、

この機械が一番取り入れられていたと確信しました


posted by ろっく店長 at 19:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ピット・機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする